映画『大脱出』 感想 ~ネタバレあり~

EDIT

スタローン×シュワちゃんだって!?

シルベスター・スタローンっつったら『ロッキー』や『ランボー』、
シュワルツェ・ネッガーといったら『ターミネーター』や『コマンドー』ですよね。
その名優2人がタッグを組んだ!?

そいつは見に行くしかなかんべぇ!

というわけで、見てきましたよ『大脱出』。

追記:まだ見てない人は予告とかポスターとか見ないで劇場に行ったほうがいいかも。
   予告やポスターに壮大なネタバレがあるから。

※ここからネタバレあります! 注意してください!


大脱出


結論から申し上げますと、まぁスタローン×シュワちゃんの無双っぷりを楽しむだけの映画です。

最初は「海に囲まれた監獄って『無頼伝 涯』の設定に似てるなぁ」とか、
「『ショーシャンクの空に』や『暴力脱獄』みたいに監獄=人生と捉えてみる映画なのかな?」
とか無粋な思いを胸に見に行ったんですが、

もちろんそんなわけはなくて。

そもそもスタローンとシュワちゃんが出てる時点で「人生をうんぬんかんぬん考える」
とかありえませんよ。完全な娯楽映画です。
(貶してるように聞こえるかもしれませんがそういう映画も僕は好きですよ。
ちなみにそういう中で一番好きなのは『マーズ・アタック』です。)


「スタローンとシュワちゃんが同じ画面の中にいる!」っていうだけで僕はもう
この映画は見る価値あるかなって思います。
もちろん派手なドンパチも見られますしね。サイコウでした。

ただ一つだけ文句があるとすれば、粗のある脚本であることは別にいいとしても
(スタローンとシュワちゃんが何かするのを見て楽しむ、という映画ですからね)
ドンパチのシーンが少々物足りなかったところです。

作品にリアリティを持たせるためなのかどうかは知りませんが、今までのスタローンや
シュワちゃんの無双っぷりに比べると一味足りない。そんな感じがします。
『エクスペンタブルズ』とかぐらいのドンパチを期待するとガッカリしてしまいます。

ただ、シュワちゃんがヘリコプターの機銃を腰に構えて敵を撃ちまくるという
ほんの数秒のシーンがあるのですが、
「完全にコマンドーじゃん!」
とシュワちゃん好きは狂喜乱舞することでしょう。

よい点をあげるとするならば、ラスボスのやっつけ方。
あれは近年稀に見る恐ろしいラスボスの倒し方だと思いました。
生きたまま貨物船のコンテナに放り込んで放置プレイとか……こわすぎぃ!

それと、途中で仲間になるアラブ人(?)っぽいやつの死に際に見せる
最後の銃撃戦。とてつもなくかっこよかったです。
人を殺して捨て台詞なんてのもやはり健在でしたよ、ええ。

とにかく、スタローンとシュワちゃんには見て損はないぞという映画でした。

ふぅ……疲れた。これにて『大脱出』の感想は終了です。
また機会があったらお会いしましょう。
それでは、さよなら、さよなら、さよなら~。


byすなぎも
関連記事
web拍手 by FC2
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL