映画「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」感想 ~やっぱり今回も最低で最高だった~

EDIT

はじめに


ジ ャ ス テ ィ ス フ ォ ー エ バ ー !!
正義は永遠だ!!


最高! キック・アス最高だぜ!!

何が最高って、「ダークナイト」から始まって「マン・オブ・スティール」や「ローン・レンジャー」
といった「リアルヒーローもの」が流行ってる昨今で、キックアスは「スーパーヒーロー愛」を
見せてくれたんだ! こんなに嬉しいことはない!!

そして正義の軍団VS悪の軍団という燃える展開!
まるで「アベンジャーズ」の敵も有名な悪役勢揃い版を見てるような感じがして楽しかった!!

とにかく誰が見てもこの映画はおもしろいだろう!
まだ「キック・アス ジャスティスフォーエバー」を見てないやつは
今すぐ映画館行って見てこいやぁぁぁ!!!



※ここから先ネタバレあります! 注意してください!


感想




まずブラック・ユーモアが前回に比べて遥かにパワーアップしてること。

これは最初っからエンジン全開だった。ヒット・ガールは防弾チョッキを着てるキックアスに
問答無用で銃をぶっぱなすは、久しぶりに衣装を着ようとしたキック・アスがチャックを
あげようとしていると父親はそれを見て「息子がオ○ニーしてる」と勘違いしたり。

さらに(いい意味で)ひどかったのは、クリス・ダミーコが「レッド・ミストの衣装を捨てる
ママなんて死んじゃえ!」といいながら、ママの入る日焼けマシーンをゲシゲシ蹴ってたら
マシーンがショートしてママが本当に死んじゃうところ。

そしてママの遺品を整理整頓してたらSMグッズがでてきやがった。
自分がママを殺しちゃったというときにこんな追い打ちが待っているとは。
しかもご丁寧にアナルビーズまでありやがる。それがかなりデカイ。片腹大激痛!

レッド・ミストは何をトチ狂ったのかママのSMグッズで新しい衣装を作る始末。
使用人に「君はママのSM趣味まで引き継がなくていいんだぞ!?」とマジレスされる
ところなど爆笑モノ。これがマザー・ファッカー誕生の瞬間である。

かっこよくない! だけどそれがイイ!
「スーパー悪党軍団」を結集する際に「SNSを使って悪党を集めよう」という
発想に至るのはおそらくマザー・ファッカーぐらいのものだろう。

とくに(いい意味で)ひどかったのがゲロゲリ棒のシーン。
ヒット・ガールはイジメっ子に仕返しをするためにその棒を使うのだが、
その棒の先端に触れた者はゲロとゲリをまき散らしてもだえ苦しむというもの。

このシーンは胸がスッとするね。女王様気取りのクソビッチにこの棒を当てたときなど
そいつがゲロをビュービュー吐き出してゲリ便が止まんねぇという姿を見れたからね。
ホント、ざまぁみやがれクソビッチ!


次に味方の存在。とくに俺が好きなのはストライプス大佐。

ストライプス大佐の存在は本当に大きかった。まず何よりもクソカッコイイということ。
宗教に目覚めて正義を信じる心を得た大佐は誰よりも正義に身を捧げていた。
おそらく大佐はキック・アスよりも正義を盲信していた。

その正義を信じる一貫性。正義を重んじるにふさわしい実力。何もかもが魅力的。
さすがはジム・キャリーといったところか(それで「この映画はあまりにも暴力的すぎる
からこの映画の宣伝に協力しない」といわなければ、なおよかったんだけどね……)。

死に際もすばらしかった。
大佐は例え死が目の前にあらわれようとも正義を信じる心を忘れなかったのだ。
くぅ~……カッコよすぎだぜ! ストライプス大佐に拍手!

そして敵も魅力的だった。とくにマザー・ロシアの存在はデカかった。

まずその強さだ。正義の軍団「ジャスティスフォーエバー」の中でも屈指の実力をもつ
大佐を数秒でねじ伏せるその絶望感ときたら。
しかもヒット・ガールと互角に応戦。なんという強さなんだ。

さらにマザー・ロシアは人の殺し方もとってもユニークだ。
とくにポリスを二人ほど芝刈り機でぶっ殺すところなど
「デッド・ライジング」かよ!! とツッコまずにはいられない。


人殺しのシーンはあいも変わらずグロテスク。そしてクールな戦闘シーンが盛りだくさん。

ヒット・ガールは町のゴロツキどもをボコボコにするとき手の一つをちょん切ったりするわ、
キック・アスのお父さんの葬儀中に「スーパー悪党軍団」が襲いかかってきたときなぞ、
反撃する際に「戦闘開始だ、ちんぽシャブリな!」といったりするわ。

人殺しをすると血がブシャーとでてくるし、人を殴れば本当に痛そうな音がする。
キック・アスの戦闘シーンは相変わらず痛快だ。

今回の人殺しのシーンでゾクリとしたのが、マザー・ファッカーの使用人が殺されるシーン。
電話越しに聞こえてくる使用人の声。普通にしゃべってたら、なんと使用人、急に殺される。

何の前触れもなく、唐突に。ノドをかっ切られる使用人。使用人の断末魔が静かに消えていく。
このシーンはしびれた。なんかマーティン・スコセッシの映画っぽい殺され方。そんな印象。
そしてマザー・ファッカーはここから本当の悪に目覚めていく。

ここのマザー・ファッカーもクソカッコイイ。一番身近にいた使用人を殺されて怒るか泣くかと
思ったら、「使用人を殺してくれてありがとう。これで本当の悪が何なのかわかったよ」と
微笑を浮かべるのだ。

本当の悪に目覚めたマザー・ファッカーは「スーパー悪党軍団」を結集。
こうしてストライプス大佐を殺し、ナイト・ビッチを強姦しようとしたら勃たなくて
「俺の心は繊細なんだ!」といってナイト・ビッチをボコボコにして、キック・アスの父親を殺す。

キック・アスも黙ってはいられない。ストライプス大佐を殺された悲しみ、父親を殺された怒り、
その全てをマザー・ファッカーにぶつけるために、「ジャスティスフォーエバー」を再結成。
こうしてはじまる最終決戦、「ジャスティスフォーエバー」VS「スーパー悪党軍団」。

注目すべきはヒット・ガールとマザー・ロシアの戦い。
途中まで完全にヒット・ガールが劣勢だったが、アドレナリンを打ちパワーアップ。
粉々に砕け散ったガラス片をスローモーションを駆使した演出でめった刺し。

他にもドクターグラビティーの無重力装置も必見の価値あり。
「最終兵器・無重力装置があるんだぜ」と敵を牽制するグラビティー。
「嘘だろ?」と敵にいわれ、スイッチを押すドクター。

すると、なんということでしょう。無重力装置を押した瞬間、
バットから無数のトゲが飛び出したのです。
そしてドクターは一言、「ああ、嘘だよ!」と(お前は竜宮レナか!)。

キック・アスとマザー・ファッカーは泥試合を展開。キック・アスは殴りながら、
「これはストライプス大佐の分! これはナイト・ビッチの分! これは父さんの分!」
と叫ぶ(「北斗の拳」かな?)。

屋上で殴るキック・アス。それを受けるマザー・ファッカー。
とうとうマザー・ファッカーは倒れ、天井からサメのいる水槽へ真っ逆さま。
マザー・ファッカーはサメに食われてしまいましたとさ。

「スーパー悪党軍団」を蹴散らした「ジャスティスフォーエバー」。
その後ヒット・ガールは町を出て、キック・アスはムキムキになっていた。
最後の画面の端には鉄製のキック・アスの仮面が……。

これは続編の予感。いや、続編来い!
さてこれでED……と思ったら続きがあった!

EDの後。そこには両手両足を、さらにはチンポまで食い散らかされた
マザーファッカーの姿があった。映画はここで終わる。

マザー・ファッカーは、キック・アスは、ヒット・ガールはその後どうなるの!?
とにかく続編を待てとしかいいようがない。


それにしても「2は駄作になる」ジンクスを跳ね除けてよくぞここまでやってくれた!
キック・アス最高だぜ! 続きが気になるので続編はよ!

映画の感想はこれにてお終い。興奮がおさまらない!
だからとっととオ○ニーしてふて寝しよっと。いい子はもう寝なさい!
悪い子はケツにアナルビーズ突っ込んじゃうぞ!


それでは、これにて。さよなら~!


byすなぎも
関連記事
web拍手 by FC2
レッドスミスって誰ですか?レッドミストでしょ?(・・;)最高だぜ!とか暑苦しく語っといてそこ間違えます?(^^;;
なんか他にも見当違いなこと書いてるし、本当に前作観たんですか?
感想も的外れというか何というか・・・・。
まぁ受け取り方は人それぞれですけどね。それにしても・・・ね。

スルーすればよかったんでしょうけど、 なんか異様なレビューだったんでついコメントしちゃいました。
気分悪くされたらごめんなさいね〜
[ 2014/02/27 ] [ 編集 ]
>名無しさん

「レッド・ミスト」を「レッド・スミス」と
誤表記をしてしまい大変申し訳ありません。
訂正しました。

前作を見たかといわれると、確かに見たのですが
なにぶん高校生の時分にみたので記憶が曖昧で……
今度からはしっかり見直すよう心がけます。

感想が的外れということですが、
これは見終わったあとの思いの丈をぶちまけてるので
的外れかもしれませんがご容赦のほどお願いします。

気分は害してないのでお気になさらないでください。
むしろ誤表記を指摘してくれたので感謝せずにはいられません。

今後とも誤記がないように気をつけていきたいと思います。
本当にすいませんでした。
[ 2014/02/28 ] [ 編集 ]
デイブは最初から童貞じゃなかったですよぉー!
Kick assでデイブの元彼女とやってたし、Kick ass2ではその元彼女が
「麻薬で捕まった人の竿はKick assよりでかかったわ」とか言ってました!
まぁーとにかくKick assサイコー!
早くKick ass3みたいっ!
チンギス・半殺しもサイコー(名前)
[ 2014/03/02 ] [ 編集 ]
>名無しさん

「キック・アス」を改めて見ました。
「キック・アス ジャスティスフォーエバー」よりも「キック・アス」
の方がBGMいいなぁという感想は置いといて。

確かに「キック・アス」でデイブは彼女とヤって童貞を
捨ててましたね。記事を修正しました。

キック・アスが不良を退治しようとしたらボコボコにされて、
車に跳ね飛ばされて救急車で運ばれる際、レスキューの人に
「コスプレをしてたことは黙ってて」とデイブがいったんですよね。

その後、デイブが病院に運ばれる際「全裸で病院に運ばれた」という
噂が広がり、その噂は「デイブはゲイ」となってみんなに伝わる。
ケイティがその噂を聞いた後デイブをコミックカフェにお誘い。

そこで彼女はいろいろ悩みを打ち明け、最後に
「ゲイの人とお話がしやすい」みたいなことをいって、
デイブとお友達になると。

それで紆余曲折を経て最終的にはデイブが「僕はキック・アスなんだ!」
と正体をばらし、彼女とゴールイン。そして青姦までおっ始める始末。
といった感じでした。

やっぱり前作の記憶がうやむやのまま感想を書くのはよくないと
実感のしました。今回の失敗はいい勉強になりました。

「キック・アス」も「キック・アス ジャスティスフォーエバー」も
おもしろいので是非とも続編がみたいですね。

「キック・アス」はスーパーヒーローを夢見る特別な力もない少年が
世界の人々に対して逆に夢を与えるような存在になるお話に対して、

「キック・アス ジャスティスフォーエバー」は冷静に振り返ってみると
自分は何になるかというお話だったと思います。

そして「キック・アス ジャスティスフォーエバー」は
ラストでデイブが「ヒーローはいらない。この世に必要なのは
悪を退治できるやつが必要だ」といっていました。

なので続編が出るとしたら、「キック・アス ジャスティスフォーエバー」
の終わりから鑑みるに、『キック・アスがビッグ・ダディのように
悪を退治できる存在として劇場に帰ってくる』と邪推してしまいます。

あとチンギス・半殺しって、パンフレットみると「職探し中の英雄」
って紹介されてるんですよね。
なんだか親近感が湧いてきちゃいます。

自分も職探し中なので……。
俺を救ってくれるヒーローはいないかしら?
それか俺も緑色のコンドームをつけてヒーローごっこに興じるか?

どっちにしろメンドウなので今日も明日も明後日も
家で世間に対してふて寝をくり返すだけでしょう。
トホホ……。
[ 2014/03/02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL