艦これ スピードの4-3高速レベリング 安定性の3-2-1MVPレベリング どっちがいいの? その2

EDIT

前回までのあらすじ


『艦これ スピードの4-3高速レベリング 安定性の3-2-1MVPレベリング どっちがいいの? その1→http://tunachaofan.blog.fc2.com/blog-entry-229.html

前回は4-3高速レベリングについて言及しました。
今回は3-2-1MVPレベリング(3-2-1レベリング)について
述べていきたいと思います。
艦これ





3-2-1MVPレベリング(3-2-1レベリング)について



安定性を求めてやまない、
そんなあなたに3-2-1です。
艦これ

最初に欠点をあげていきます。

・遅い
・おそい
・おそい!


島風「おっそ~い!!」


そう。島風ちゃんが駄々をこねちゃうほど4-3高速レベリングと比べると遅いのです。
その理由はなぜなのでしょうか?

まず4-3高速レベリングは傷ついて疲労の溜まった艦娘をバケツを消費することによって
すぐに再出撃できるという高速レベリング方法です。

しかし、3-2-1MVPレベリング(3-2-1レベリング)ではその方法が使えません。
なぜか? それは潜水艦と戦艦によるところがあります。

3-2-1MVPレベリング(3-2-1レベリング)の基本、編隊に潜水艦と戦艦を編入します。

潜水艦を編入する理由は、3-2-1の敵船の種類は、
駆逐艦or軽巡洋艦or雷巡洋艦しかでません。
潜水艦を編入することによって敵艦の攻撃をすべて潜水艦に集中することができます。

さらにそこに戦艦を編入することによって、電撃戦をほぼ完全に回避することができます。
戦艦を編入すると強制的に艦娘たちは二回攻撃をくり返すため、
電撃戦にもちこまれる前に敵艦隊を完膚なきまで駆逐することができるからです。
艦これ

しかしそれゆえに3-2-1では高速レベリングが不可能になってしまうのです。

まず潜水艦と戦艦を編入することにより、潜水艦にすべての攻撃が集中します。
つまり、潜水艦以外の艦娘はダメージを被ることもほとんどありません。
それは入渠する艦娘が潜水艦に絞られるということにもなります。

なので潜水艦以外の艦娘はほとんどダメージを受けることがないので、
潜水艦以外の艦娘たちは疲労が溜まったとしても入渠して疲労抜きを
できないという状況に陥ります。これでは必然的にスピードが遅くなるというもの。

加えて3-2-1MVPレベリング(3-2-1レベリング)では
疲労の溜まった艦娘を入れ替えるための時間もけっこうかかるのです。

さらに傷ついた潜水艦を入渠させるというのもいちいち時間がかかります。
その入渠させた潜水艦にバケツを使わない場合はもっと時間がかかることでしょう。
艦これ
疲労した艦娘を疲労してない艦娘と入れ替える。それも時間がかかるし、
潜水艦が入渠から出てくるまでの時間も潜水艦のレベルが高くなるほど長くなる。






3-2-1MVPレベリング(3-2-1レベリング)は
遅いというだけで欠点はその他にないでしょう。
初心者にも上級者の方にもオススメのレベリング方法です。

資源が足りない、バケツがない、艦娘のレベルが低いという方は
コチラのレベリングをオススメします。


それでは3-2-1MVPレベリング(3-2-1レベリング)の利点をあげていきましょう。

・資源&バケツをあまり消費しないでレベリングできる。
・レベルの低い艦娘のレベリングにうってつけ。


以上の二点が主に3-2-1MVPレベリング(3-2-1レベリング)の
利点としてあげられるかと思います。


・資源&バケツをあまり消費しないでレベリングできる。

潜水艦、戦艦を編成している場合、潜水艦に攻撃が集中し、さらには
二回攻撃をくり返すために電撃戦へ転がり込む可能性がほぼ皆無に等しくなります。
これによりダメージを受ける艦娘つまりは入渠する艦娘は潜水艦に絞るれます。

さらに潜水艦は大破しても入渠する際にかかる資源が極端に少ないのが特徴です。
これによって、4-3高速レベリングと比べると資源の大幅な節約が可能になることと、
さらに潜水艦に対してバケツを使わない場合はバケツの節約にもなります。
艦これ
潜水艦にバケツを使わなければ、時間はかかるがバケツをほとんど使わなくて済む。


・レベルの低い艦娘のレベリングにうってつけ。

3-2-1MVPレベリングとは旗艦に育てたい艦娘を置き、
その艦娘にMVPをとらせることをいいます。

通常の3-2-1レベリングは、3-2-1に出撃をくり返して編成全体の
艦娘のレベルを上げることいいます。また、3-2-1レベリングは
レベルの低い艦娘のレベリングに適しています。

それではレベル低い艦娘を育てるための3-2-1レベリングについて説明していきます。

まず、レベルの低い育てたい艦娘を旗艦に置きましょう(艦種はなんでもいい)。
艦これ

次に潜水艦を編入しましょう。
3-2-1レベリングの際の潜水艦の装備は甲標的でかまいません
(※3-2-1MVPレベリングの際は潜水艦から甲標的を外しましょう)。

なぜなら3-2-1レベリングは3-2-1MVPレベリングと違って、
旗艦にMVPをとらせて高いexpを獲得することが目的ではなく、
あくまで3-2-1に抜錨し敵艦隊を撃滅することが目標だからです。
艦これ

次になるべく先制攻撃を行える強力な艦娘を編入しましょう。
3-2-1レベリングは上記の通り敵艦を駆逐することが目標だからです。
ならば開幕先制攻撃で敵艦隊を素早くねじ伏せてしまうのがいいでしょう。

空母、軽空母、雷巡洋艦、なんでもいいです。
完膚なきまで敵艦隊を打ち砕きたいという場合は戦艦を編入し、
二回攻撃を繰り返せるようにしましょう。
艦これ

また、他にもある程度のレベルがあるならば空母、軽空母、雷巡洋艦の代わりに
重巡洋艦、軽巡洋艦、駆逐艦を編入するのも一つの手です。
その際は重巡洋艦、軽巡洋艦、駆逐艦に強力な装備を積んどきましょう。
艦これ


それでは、準備が整ったら3-2-1へ抜錨です!

そしてその結果がコレ。
旗艦は残念ながらMVPは取れませんでしたが、レベルが低いのでMVPをとらなくても
一回の抜錨でレベルを一つ上げることができました。
艦これ
レベルの低い艦娘なら、旗艦に置いとくだけでMVPを取らずともスクスク育ってくれる。

あとはそれをくり返すだけです。3-2-1MVPレベリングのように、
潜水艦が傷ついたら入渠させてやり、艦娘に疲労が溜まったら他の艦娘と
交換していきます。

ある程度、旗艦の艦娘が育ったならば3-2-1MVPレベリングに切り替えるのもよし、
4-3高速レベリングにするもよし、また別の海域でのレベリングに向かってもよしです。





ここまで記述したことをまとめると、

・時間に余裕があるなら3-2-1MVPレベリングが資源もバケツも節約できてオススメ
・レベルの低い艦娘を育てるのに最適なのはおそらく3-2-1レベリング


ということです。


結論


4-3でのレベリングは、

・資源もバケツも腐るほどありあまってる人は4-3で高速レベリングをオススメできる
・駆逐艦と軽巡洋艦(雷巡洋艦)の4-3MVPレベリングは誰にでもオススメできる


ということでした。

また、3-2-1でのレベリングでは

・時間に余裕があるなら3-2-1MVPレベリングが資源もバケツも節約できてオススメ
・レベルの低い艦娘を育てるのに最適なのはおそらく3-2-1レベリング


ということでした。


それでどちらがいいかというと、それは人によって違います。

鎮守府の状況は人それぞれによって違ってきます。
例えば、資源もバケツも腐るほど持ってる人もいれば、
資源もバケツも足りない人もいます。

俺にはどちらが良くてどちらが悪いかと決めつけることはできませんでした。
個々人によって4-3高速レベリングの方が肌に合う人がいれば
3-2-1MVPレベリングの方が自分にあってるという人もいます。

なので、自分の鎮守府の状況にあったレベリング方法を選ぶことが、
その人の最良のレベリング方法だといえます。


もちろん4-3レベリングと3-2-1レベリングに限らず、他の海域での
レベリングもあるかと思われます。その中で、自分に見合ったレベリング方法を
模索するのもいいかと思われます。

ということで自分にとって最良のレベリング方法を選択し、
最善の艦これライフを送れることをお祈りしています(ぶん投げ)。


それではこれにて。さいなら~!


byすなぎも


追伸:
艦これ 戦艦オススメレベリング:3-2-1でMVP!
http://tunachaofan.blog.fc2.com/blog-entry-186.html

艦これ 空母、軽空母、雷巡洋艦、重巡洋艦のレベリングも3-2-1でMVP!
http://tunachaofan.blog.fc2.com/blog-entry-237.html

艦これ 駆逐艦と軽巡洋艦のレベリングは4-3でMVP!
http://tunachaofan.blog.fc2.com/blog-entry-238.html

艦これ スピードの4-3高速レベリング 安定性の3-2-1MVPレベリング どっちがいいの? その1
http://tunachaofan.blog.fc2.com/blog-entry-229.html
関連記事
web拍手 by FC2
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL