スポンサーサイト

EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

『名探偵コナン 異次元の狙撃手』 ネタバレ感想

EDIT

名探偵コナン 異次元の狙撃手

※ネタバレ注意!


例によって鈴木財閥(というか園子)に招待され、ベルツリーのオープンセレモニーに参加する面々。事件はここを舞台に繰り広げられていきます。セレモニー中に悪そうなおっさんがスナイパーに射殺されるわけですが、その凄腕の犯人を一丸となって探しだす展開。ちなみに犯人はケビン吉野ですがそんなもんどうでもいいです。

重要なのは、本作によって沖矢昴=赤井秀一であることが確定した件。ちなみに沖矢昴の正体を知るのはおそらくコナンとジェームスだけっぽいので、巷で噂されていたFBIのボスが組織の黒幕という説は消滅したと言ってもいいでしょう。

ついでに世良真純の過去も明かされるかと思いましたが全然そんなことありませんでした。本編でコナンが彼女に若干冷たく接するな~と感じられたのは、彼女が隠し事をしているせいもあるかもしれませんね。現状わかっているのは赤井の妹ってことくらいなので。

ということで劇場版18作目となった今回ですが、正直物足りなさを感じてしまいました。予告で気になっていたのが沖矢昴と世良真純の2人だったので、そこをメインに展開してほしかったところ。前半に世良、後半に沖矢が活躍しますが…何か物足りない。

でも、コナンの異次元ストライカーっぷりや蘭姉ちゃんの格闘王としての凄みは健在どころかパワーアップしてたし、そもそも全体的にアクションシーンが今までより派手な印象を受けたので、そこは素直に楽しめるかなと思います。江戸川コナン(推定6歳)の人間やめた感は劇場版でしか味わえませんからね。体も頭脳も完全に大人。その名は、名探偵コナン!


byジン
関連記事
web拍手 by FC2
プリキュア新聞の画像が本編のものなら(イメージ画像でなければ)、プリキュア5GoGo!の6人の水晶化確定~。くるみはミルクの状態で固めかぁ…。
[ 2014/04/21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL

[映画『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』を観た(寸評)]
☆かなり入り組んだ物語で、とても面白かった。  犯人、容疑者、被害者、被害予定者、警察、探偵、FBI、コナン、コナンのプライベートな関係者が、一刻を争うかのごとく、日本全国を能動的に移動する中で、謎解きの物語を形成する力技には感服するしかない。  しかし、...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。