スポンサーサイト

EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

蟲師 続章 第10話「冬の底(ふゆのそこ)」 感想 ~人もまた自然の一部である~

EDIT

作画班には千手観音がいる。
蟲師
おいおい見てくれよこの落ち葉の書き込みの具合をよ……とても人間技とは思えねぇぜ。



春の蟲が一斉に目を覚ましそうになった今日このごろ。
正妻(淡幽)から頼みがあるとの手紙が来ていたが、
急ぐ用事でもないとのことで山ごもりを決行。
蟲師

ビバークして蟲煙草をもうもうと立ち上げ眠りに入るギンコ。
ギンコは蟲を引き寄せる体質だから、春の蟲たちに
取り付かれないように一旦深い眠りにつこうということね。
蟲師

そして目を覚ますとそこに広がるは八甲田山。
春を迎えるつもりが、いつの間にか冬になっていた。
しかしそんなはずはない。とっくに雪融けしていい季節。
さらに不可思議なことに、山を下れども下れども同じ道を辿ってしまう。
蟲師

どうやらこの山は台風が直撃して深刻なダメージを受けてるらしい。
だからこの山の主はその傷を癒やすために、この山を「閉じた」。
しかし弱った動物たちを無理に冬眠させるのは永眠させるに等しい。
隣の山はもう春を迎えている。それなのにこの山が息を吹き返さないということは、
この山は死を待つばかりだ。
蟲師 

このままでは下山できない。
どうしたものかと悩んでいると、ギンコは後ろから視線を感じる。
その視線をした方へ行ってみると、そこには山の主がいた。
ギンコはいう、「いつまで山を閉じたままなんだ、もう諦めちゃくんねぇか」と。
すると 突然、颪笛という蟲が豪風とともにギンコを沼へと突き落とした。
底なし沼になすすべもなく飲み込まれていくギンコ。
蟲師

どれくらいの時が経っただろうか。ギンコは泥の中で目を覚ます。
泥の中なのに呼吸ができる。周りを見渡すと、光酒と弱った動物たち。
弱った動物たちはこの光酒の満たされた場所で傷を癒していたのだ。
蟲師

この山は死んだわけではなかった。そしてギンコは思う、
「よかったな……よかった……」と。
蟲師

いやぁ、よそ者であるギンコを光酒が満たされた泥の中によくいれたもんですよ。
そういえばGガンのドモン・カッシュもいってましたよね。
次の言葉は、Gガンに出てくる東方不敗というキャラクターが地球の再生を目指し、
そのためには人類を抹殺しなければいけないという意見に対して、ドモンの言葉です。

「何故ならばあんたが抹殺しようとする人類もまた、
天然自然の中から生まれた物……いわば地球の一部!
それを忘れて、何が自然の、地球の再生だ!
そう、共に生き続ける人類を抹殺しての理想郷など……
愚の骨頂!!


d.jpg

ドモンもいってるとおり、人間も自然の一部であり、
だからこそ山の主はギンコを守ろうとしたのかもしれません。

閑話休題。

気が付くとこの山は春を迎えていた。沼から這い上がるギンコ。
ギンコがいつも持ってる道具箱から光酒の入ったツボが飛び出していた。
ツボから流れ出る光酒を飲んで颪笛は天高く飛び立った。
春の蟲たちが目覚めはじめた。急いで山を降りるギンコ。
意外とすんなりと下山に成功した。
ギンコは光酒が颪笛が空に飛べるほどの養分を失ってることに気がつく。
「ぜんぶ、蟲どもの手のひらの上か……まぁいいか、世は春だ」と
まんざらでもなさそうなギンコ。蟲師

今回の蟲師は策士・山の主回でした。そして相も変わらぬ書き込みの凄さ。
ハンパじゃないです。次回も楽しみです。


それではこれにて。
さいなら~。


byすなぎも
関連記事
web拍手 by FC2
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。