スポンサーサイト

EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

『GODZILLA ゴジラ』 感想 ~ゴジラによる焦らしプレイがたまらない~

EDIT

はじめに


最初にいっておくと、筆者はゴジラシリーズを見たことがなかった。
つまりこの『GODZILLA ゴジラ』は筆者にとっての処女ゴジラ(?)なのだ。
とにかくゴジラ新参者がでしゃばりつつもいわせてもらおう。

いろいろな疑問点は残ってるけど、
おもしろかった!!
ゴジラ

実をいうと、ゴジラにはちょっと偏見があって、
ゴジラは核のメタファーうんぬんかんぬんと聞いて
「インテリしか楽しめない映画なんじゃないかしら……」
と思っていたが、そうではない。
今日ゴジラを見て確信した。
ゴジラはボンクラのための映画だと。
ボンクラが愛すべき映画なんだと!
頭を空っぽにしても
いろいろ考えながら見ても
十二分に楽しめる映画だったぜ!!

ゴジラ最高!!!


さて前置きはここまでにしておいて、
ここからはネタバレを含みつつ感想を語っていきたいと思う。




※ネタバレあります! ご注意ください!



感想


今回は映画秘宝やパンフレットを事前に買って
予習してから見に行った。
ゴジラ
ゴジラ
予習もバッチリ。さぁ、かかってこいゴジラ! 俺が相手になってやるぜぇ!!

場所は流山にあるTOHOシネマズ。
世界的に大ヒット中である『GODZILLA ゴジラ』は
生まれ故郷の日本でどれくらいの集客率をほこっているのかと
期待して館内に入ってみると意外に人が少ない。
席が半分ちょっと埋まってるかどうかだ。

ここで一ついわせてもらいたい。
おい、世の中のボンクラ共! 何やってんだ!
ボンクラの自覚があるなら今すぐゴジラを見に行け!!
流山の映画館以外は人が満杯になってることを願おう。
客層はもちろんボンクラ男子。
女性もそこそこいたがその人たちからもまぁボンクラ臭が漂っていた。

3D吹き替えでゴジラを視聴開始。
OPは古臭い映像が連続する。
言葉少なで何をやってるのかわかりづらいが、
どうやら核実験の映像を垂れ流しているようだ。
その合間々々でゴジラの背中だけがチロチロっと見える。
それだけで胸が高なってくるから不思議なものだ。
そしてゴジラに核攻撃をした瞬間、
画面が白い光りに包まれて中央に現れる『GODZILLA』のOPタイトル。
ひゅー……クールじゃないか……!

最初の舞台は1999年のフィリピン。
炭鉱場にできた崩落現場を訪れた芹沢博士。
そこにあったのは何かの生物の巨大なマユ。
片一方にはまだ中身がつまっているようだったが、
もう一方の中身は海へと逃げ出してしまったらしい。

時同じくして、日本。
ジョー(主人公フォードの父親)が電話に向かって何事かを叫んでいる。
どうやらプラントに何か異常を発見したらしい。
異常を確認するために勤務先である原子力発電所へ妻のサンドラと共に向かう。
ジョーは地震が分刻みに起こっており、それが発電所へ向かってることを知らされる。
「これは地震じゃない」とジョーは不穏な空気を感じる。
一方のサンドラは原子炉内を調査していた。
するとそこでとても大きな地震が発生する。連続する大地震。
それによって原子炉内に異常が発生し、
防護壁を閉じなければ放射能が漏れだしてしまうという自体に。
苦渋の決断の末、ジョーは防護壁を閉じた。
ここのシーンは「ふしぎの海のナディア」のあるシーンを思い出した。
そのシーンがこれ(↓)。6分30秒頃からそのシーンがはじまるのでぜひ見てもらいたい。

「ふしぎの海のナディア」のこのシーンほどはひどくなかったが、
すさまじいショックを与えられたのには違いない。
防護壁には閉じられた向こう側を見ることのできる小さな窓ガラスが
はめられており、その向こう側にはまだ生きている妻がいるのだ。
もう……なんともいえないよ。あまりにも悲しくて。
サンドラは向こう側から「フォードを頼んだわよ」という。
ジョーは泣きわめきたかっただろうが、そんなヒマもなく発電所は崩壊する。
パパとママが働いている原子力発電所が崩れ落ちるのを、
フォードは小学校の窓越しからただただ眺めるばかりだ。

時は流れて2014年、サンフランシスコ。
軍の任務を終えて16ヶ月ぶりに帰ってきたフォードは
妻と息子の待つ我が家へと舞い戻ってきた。
が、その矢先に妻のエル・ブロディのケータイが鳴る。
「お父さん(ジョー)が逮捕されたそうよ」とエル。
休む間もなく、フォードは日本へ。

2014年、日本。
父は放射能汚染によって立ち入り禁止区域に立ち入ったばかりに
捕まってしまったそうだ。ジョーは狂ったように呟く。
「政府は原発が地震によって破壊されたとしている。しかし真相は違うんだ」と。
フォードは狂人の戯言だと思ってその話をマジメに聞かない
「パパは事実を否定しようとしているだけさ、死んだママのためにね」
「あれはメルトダウンなんかじゃない。過去から目を背けるな」。
翌日、二人は真相を確かめるために汚染地域に進入する。
だがそこで放射能は感知されなかった。
何かがおかしいと思っていると、警察らしき人物たちに取り押さえられてしまう。
連行されていった先は、ジョーが働いていた原子力発電所の跡地に建てられた
謎の研究施設だった。ジョーは建物の一室で尋問を受けるが、そんなことはどうでもいい
「ここが退避地域に指定されたのは、地震や放射能のせいじゃない。
 何か別の理由があるはずだ。いったい何を隠してやがる!」。
ジョーの予想は的中していた。原発跡地にはなんと謎の巨大なマユがあったのだ。
そのマユがそこら中にばらまかれた放射能を食い尽くしていたのだ。
だから放射能の計測器は何も反応しなかったのだ。
そしてマユの中にいる生物の鼓動が速くなる。
芹沢博士は「殺すしかない」と即決。マユを爆破。
兵隊がマユの中を確認すると……
はいもちろん生きてましたよー怪獣が!

怪獣の名前はムートー
特徴は電磁パルスによって電子機器の活動を一時的にストップさせてしまうのだ
(これは震災が起こったときに一時的にケータイや電子機器が使えなくなってしまう
のを具現化している……ってのは深読みのしすぎか)。
ムートーは研究所を破壊してその場を立ち去ってしまう。
人類に抵抗する手段はなさそうだ。だったらアイツをぶつけるしかない。
目には目を。歯には歯を。怪獣には怪獣を。
そう、アイツとは。誰もが知ってる怪獣王、ゴジラのことだ!

しかしゴジラの出番は
まだまだ先なのだ。



ここからはムートーがメスのムートーに音波出してたり、
ムートーがいかに強いかという描写がてんこ盛り。

内心「ゴジラまだー?」と指をくわえて待っていると、
急に海がどんどん引いていく……。
「おっ?」っと思った次の瞬間、海を泳ぐゴジラの背中が。
うおおおぉぉぉ……! デケェ……なんちゅーデカさだ……!
調べてみたら100mほどあるらしい。背中しか見えないのに圧倒的迫力……たまらん!
そしてゴジラが上陸する(まだゴジラの全体像は見えてない)と、
津波が都市を襲う。町中はムートーの電磁パルスによって暗がりが広がっている。
明かりを求めて照明弾が打ち上げられると……
照明弾に照らされたゴジラの脇腹が! すぐそこに!
そしてカメラアングルが上空に切り替わると
画面の端にゴジラの長ーいシッポが映される。
焦らすねぇ! まだまだ焦らすねぇ!!
おじさんもうカウパー腺液でパンツがびしょびしょだよ!
はやくゴジラの全体像が見てぇよぉと思ってると、
爆発の閃光の中に映し出されるのはゴジラの足。
もういろんな意味でガマンできない、と思っていると……。
ゴジラの足を映すカメラは徐々に上昇していく。
足、膝、太もも、腹、胸、と続き……、
ゴジラの顔が映ったところでカメラが止まる!
そして次の瞬間!

ゴジラが咆哮するのだ!!

イグゥゥゥウウウウウ!!! ……ふぅ。

このゴジラのご尊顔を拝むまでに用いる時間は約一時間。
つまり観客は小一時間ほど焦らしプレイを強要されるのだ。
最高の焦らしプレイですわ。

さてゴジラとムートーは戦った後、
ムートーはもう一個のマユの中に入ってるメスのムートーを探す旅に出る
(それにしてもそのマユの置き場所が核物質廃棄所って
ずさんすぎじゃねぇかアメリカさん)。
ゴジラは再び海の中。
一方アメリカさんはサンフランシスコに核爆弾を設置(!?)することに決定。
どうやら怪獣三体はサンフランシスコにくるらしい。
そいつらを核爆弾でやっつけて一石三鳥ということだそうだ。
(いやでもムートーは放射能吸って成長するんだし、
そもそも核実験してた理由ってのがゴジラを倒すためで、
何回も核実験やってゴジラ倒せないでいるんだから
核でそいつら倒すって発想は正直いってどうよ?)と思ったが、
「今まではキロトン級の核爆弾しか使ってなかったけど大丈夫!
 今回はメガトン級だからさ(?)」
といってので、
大丈夫なんだろう! うん!

その後はメスのムートーのお腹に卵がわんさかあるのを確認したり、
橋の上にある子どもたちを乗せたバスにゴジラが接近したり、
設置しようとしていた核爆弾をオスのムートーに盗まれて、
メスのムートーがそのミサイルの周りに産卵したり、
しかもそのミサイルがサンフランシスコのど真ん中にあるから大変だったり、
霧の中から船やら何やらがポイチョされるドキドキワクワクのシーンが盛りだくさん。

ちなみに映画秘宝9月号で町山智浩さんは「今回はスピルバーグの影響が強いね」と
書いていて、それを読んだ筆者はなんとなーくだが
橋の上のバスに迫り来るミサイルをゴジラが
偶発的に助ける結果になったというシーンを見て、
「ここって『ジュラシック・パーク』のラストに似てるなぁ」と思った。
ティラノサウルスが偶発的に登場人物を助けるのにね。

さて話は本筋に戻って。物語はいよいよラストへ。
主人公たちは空から降ってきてゴジラを横切る。
んでもって核ミサイルをどうにかしようとえっちらほ、こっちらほ。
霧の中から出てくるゴジラはまたまた咆哮。これがまた長い。ずっと聞いてたいぐらいだ。
フォードたちは核ミサイルのもとにたどり着く。核ミサイルには
ムートーの卵がびっしり。なのでミサイルの中身だけ運び出すことに。
その間、ゴジラはオスのムートーとメスのムートーにボコボコにされていた。
フォードは核ミサイルの外壁に付着するムートーの卵を
近くにある水道管を破裂(?)させて大爆発を起こす(!?)
(ここのシーンはガソリンを運ぶタンクローリーの一部を破壊して、
外に漏れでたガソリンが引火、爆発するシーンだった。
それにしてもガソリン積んだタンクローリー一つであんな
大爆発が起ころうとは……)。
ほいでもって船に逃げ込んだ主人公たち。追いかけるメスのムートー。
メスのムートーがいなくなったのを見計らってゴジラは
オスのムートーをご自慢のシッポで叩き殺す(一撃)。
そしてゴジラはメスのムートーに追い付くと、
そいつの口の中に光線をブシャー!!
メスのムートーの首をもいで勝利の咆哮。
しかしビルの倒壊に巻き込まれたゴジラは動かなくなってしまった
(このシーンに哀愁を感じるのはなぜだろう)。
核ミサイルは沖合で爆発していた。

翌朝。
ゴジラは再び動き出す。
その怪獣に対して、テレビのテロップに
「怪獣王は救世主か?」
と疑問を投げかける。
最後にゴジラは咆哮をあげたかと思うと、海に潜っていった。
静寂があたりを満たし、そこで『GODZILLA ゴジラ』はEDへ。

「怪獣王は救世主か?」


正直いって冷水をぶっかけられる疑問を提示された。
少しションベンを漏らしそうになった。
ゴジラは救世主なのか? 冷静に考えてみよう。
確かに、ゴジラはムートーという怪獣を倒した。
ゴジラがいなければムートーは破壊の限りを尽くしただろう。
そしてムートーが倒されなければ、より人の命は失われていただろう。
しかしだ。ゴジラは破壊の限りを尽くさなかったのか?
いいや、違う。ゴジラが上陸する際には津波を起こして人々の命を奪い、
ビルや町を破壊しては人々の帰る場所をぶち壊した。
結論をいうと、ゴジラもまた破壊神に違いない。
ゴジラは救世主なんかではない。ゴジラは自然の猛威であり、破壊神に過ぎない。
それを裏付けるもっとも象徴的なシーンはメスのムートーを倒した後だ。
戦いに傷ついたゴジラは海に帰ろうとするのではなく、陸地に引き返す。
あえなくゴジラはぶっ倒れてしまうのだが、ゴジラがそれほど体力を消耗していなければ、
サンフランシスコを破壊しようとしていたのだろう。
今回は偶然にも破壊神はムートーを破壊しただけであり、
破壊の対象が直接人類に向かっていなかっただけの話なのだ。
ゴジラが海に帰る前に放った咆哮。
あれは人類に向かって放たれていたのではないか?
「傷が癒えたら、破壊しにやってくる」というメッセージではないか?
自然の猛威はいつまたやってくるかわからない。
それは地震や津波のように突発的だ。
その猛威に対し、破壊神に対し、対処法を考慮する他ないのではなかろうか。
そして破壊神がまたやってくるのを、心の隅に留めておくしかないのだろう。
自然の猛威は倒せないのだし、破壊神はまたやってくるのだから。
ゴジラが海に帰り静まりかえるあの映像を見て、いろいろと考えてしまった。

まぁとにかくこんなことを考えたりしなくても、ゴジラの造形を見るだけで
鳥肌もんだし、楽しめるシーンは盛りだくさんなので見てない人は
ぜひ劇場でご覧頂きたい。3Dなかなか見やすかったし。
いやぁおもしろかった。


それでは、これにて。
さいなら~。


byすなぎも
関連記事
web拍手 by FC2
お久しぶりです。
観ましたか!満足しているようで何よりです。

>震災が起こったときに一時的に電子機器が使えなくなってしまうのを具現化している

そっちじゃなくて、核爆発が起こった時に発生する電磁波で電子機器が狂うことを表現しているのでしょう。

>調べてみたら100mほどあるらしい

身長が108mですので、全長ともなれば大体230~250mはあるのでは無いでしょうか。
因みに体重は何と9万tです(パシリムで一番でかくて重いスラターンが6,750t)。

>置き場所が核物質廃棄所ってずさんすぎじゃねぇか

その時点ではムートーがどのような生物かほとんど分かっていませんでしたからね。
あとアメリカの放射性廃棄物の問題は日本人が思っているよりかなり深刻らしく、少しでも負担を軽くしようと思ったのでしょう。
現実世界では、処理に困った核廃棄物を劣化ウラン弾に加工して実際に戦争で使っており、イラク等では多くの被爆者を出しているようです。核兵器を使われた国は日本だけでは無いのです。

>ムートーは放射能吸って成長する~大丈夫なんだろう!

核兵器が単なる放射能を出す武器だと思っていません?放射能汚染はあくまで副産物に過ぎません(その副産物が一番怖いのですが)。核兵器は核分裂反応により発生する超高温の熱と凄まじい衝撃波によって対象を破壊するものです。いくらムートーやゴジラが放射能を吸収出来ようが、熱と衝撃波まで吸収することは出来ませんよ。
あとキロトン級とメガトン級では、発生する熱エネルギーと衝撃波(と放射能)による破壊力は桁違いです(大体数十~数百倍)。
なので、最後にミサイルが海で爆発していましたけど、本当ならたかが数キロ程度離したぐらいでは都市への被害は防げません。
建物は粗方吹き飛ばされる上に放射能も撒き散らされ、人が住めない死の街になるでしょう。

まだ書きたいのですが、しばらくここで置いておきます。ではまた!
[ 2014/07/28 ] [ 編集 ]
Re: お久しぶりです。
観てきましたよ! 二回ほど観てきました!


>核爆発が起こった時に発生する電磁波で電子機器が狂うことを表現している

これは指摘されて「ああ、そっちか!」と思いました。
ムートーの電磁パルスはEMPのことを表現したかったのですね。

>大体230~250mはある

すっごい大きかったですもんね、レジェゴジ。
3Dで観たのですが、その圧倒的な迫力に圧倒されてしまいました。

>その時点ではムートーが~日本だけでは無いのです。

なるほど、あそこにムートーのマユを置いていたのは、
核廃棄物から撒き散らかされる放射能を吸収してもらって
問題を解決するためだったのですね。
ムートーがどのような生物かほとんど分かっていないならば、
放射能を吸い取ってくれる便利なマユを置いとくのも道理だなと思いました。

>核兵器が単なる放射能を出す武器だと思っていません?

いいえ、もちろん超高熱と衝撃波を出すことは知っていました
(冒頭の映像の中でも凄まじい爆発と衝撃波がありましたので)。
ただキロトン級からメガトン級では破壊力が桁違いになることは知りませんでした。
調べもしないで適当なこと書いちゃいけませんね。すみませんでした。
ただそうなってくると別の問題が浮上してきて、
そこまで威力の大きな爆弾を使うのはゴジラとムートーを倒すために仕方がなく、
サンフランシスコを死の街にするのも覚悟の上で決行するのも納得がいきます。
別の問題とは、メガトン級の核兵器が爆発したのであれば、
コメントでの指摘通り建物が吹き飛ばされたり、
それに加えてフォードの奥さんもふっとばされて、
もっといえば爆発の近くにいたフォードの乗るヘリコプターも衝撃波でぶっ飛ぶハズですよね。
それらをしなかったのは、続編をやる腹積もりがあったからなんですかね……?
と、勝手ながら邪推してしまいます。

>しばらくここで置いておきます。ではまた!

はい。それではまた!
[ 2014/07/29 ] [ 編集 ]
続きです
>それらをしなかったのは、続編をやるつもりだったから…?

単に知識不足・認識不足だと思います。メガトン級の水爆の威力を分かっていなかったのでしょう(若しくは米軍から規制が入ったか…)。
現時点で最大の核兵器にロシアのツァーリ・ボンバ(爆弾の皇帝)というものがあります。50メガトンの水爆です。その威力は広島に落とされた原子爆弾リトルボーイの3300倍であり、火球直径は2.3km、キノコ雲は直径40kmに広がり、一次放射線による殺傷範囲は半径6.6km、爆風の殺傷範囲は半径23km、熱線の殺傷範囲は半径58kmに及び、その衝撃波は何と地球を3周したという記録も残っています。
さすがに米軍の核はこれには威力は劣るのでしょうが、それでも現実ならあの一帯は焦土と化していたでしょう。

あとあの核ミサイルの爆発を防げなかったのは、安易に核を囮にして一石三鳥を狙っていた米軍への皮肉、そして地球に再び高濃度の放射能が撒き散らされたことで、新たな脅威(怪獣)が出現するフラグにもなっているのでしょう。

>「今回はスピルバーグの影響が強いね」~ティラノサウルスが偶発的に登場人物を助けるのにね。

それもあるでしょうが、その前にゴジラが初めて現代に出現したシーン…背鰭をつきだしながら空母に向かって泳いでいき、ぶつかる直前に背鰭を海中に引っ込めるシーンは、ジョーズからの影響ですね。

>オスのムートーをご自慢のシッポで叩き殺す(一撃)

このシーン。ゴジラファンだと何だか既視感が…(笑)

>ゴジラはメスのムートーに追い付くと、そいつの口の中に光線をブシャー!!

正しくはアトミックブレス(日本では放射熱線、放射能熱線、放射能火炎とも、しかし初代と二作目は白熱光という白い煙を吐いている)ですね。スーパーマンが空を飛ぶのと同じぐらいに、ゴジラの代名詞的な必殺技です。
今回の映画の設定では、高い威力を誇る反面、体内の核エネルギーを大量に消費してしまうという設定になっており、使い過ぎるとしばらく行動不能になってしまうという、まさに諸刃の剣になっています(エピローグでしばらく休眠していたのはその為です)。
因みに日本のゴジラは通常技レベルの頻度で使っています(笑)

まだまだ書きたいことはありますが、また今度!
[ 2014/07/30 ] [ 編集 ]
Re: 続きです
>新たな脅威(怪獣)が出現するフラグ

ああ、なるほど!
それが一番シックリきます。
おそらくその線が濃厚でしょうね。

>正しくはアトミックブレス(日本では放射熱線、放射能熱線、放射能火炎とも、しかし初代と二作目は白熱光という白い煙を吐いている)

あの光線の正式名称がわからなかったので助かります。
自分でもいろいろ調べたのですが、
あるところでは放射能熱線、あるところでは白熱光と、
情報が錯綜してて混乱していました。
もうどれが正しいのかわからなくて「光線」と表記してしまいました。

>高い威力を誇る反面、体内の核エネルギーを大量に消費してしまうという設定

だからアトミックブレスの出番が映画の最後の最後だったのですね。
その設定のおかげで、最高のタイミングでアトミックブレスが出てきたと思います。
ゴジラの背中が青白く光り輝いて、ムートーにアトミックブレスをかましたとき、
内心で「うおぉおおお!!!」と叫んでいました。
これを観れただけでも映画館に行った価値はあるなと思いました。

>また今度!

はい、また今度です!
[ 2014/07/30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。