スポンサーサイト

EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

雪風「第二艦隊に着任しました!」 艦これSS

EDIT


提督「悪いな……響が風邪で寝込んでしまってな」

雪風「いいえ! 雪風がお役に立てるのなら、喜んで参加させていただきます!」

提督「……しかしなぁ……」

霧島「大丈夫ですよ、司令。雪風ちゃんのお世話は私に任せて下さい」

提督「むぅ……まぁ、霧島くんがそういってくれるのであればな、大丈夫だろう」

提督「雪風、頼んだぞ」

雪風「!! はいっ! 頑張ります!」








――――――――――移動中



霧島「……あなた、度胸があるわね」

雪風「どきょう、ですか?」

霧島「言わずと知れた第二艦隊よ。あなたも噂ぐらいは耳にしてるでしょ?」

雪風「えっ?」

霧島「……もしかして、何も知らないの?」

雪風「な、何かあるんですか?」

霧島「あるもなにも……。そうね、ここまで来たら何も知らないほうがいいかもしれないわ」

雪風「……ひょっとして、雪風はとってもおバカな選択をしてしまったのでしょうか……」

霧島「いいえ、むしろ助かったぐらいだわ。なにせ、あなた以外の駆逐艦はみんな怖気づいてしまっていたのだからね」

霧島「それにしても、司令が『第二艦隊に空きができた。急遽、その穴を埋める駆逐艦を募集することとなった。誰か名乗りでるものはいないか?』って駆逐艦みんなに聞いたでしょ?」

雪風「ええ。そうでしたね」

霧島「そのとき、何か感じなかった? 剣呑な空気、というか……」

雪風「ひしひしと感じました」

霧島「そりゃそうよね。それなのに、なぜあのとき名乗りでたの?」

雪風「その……なんというか、ああいう空気が苦手で……それで、雪風が名乗りを上げてこの空気が和らいでくれるのなら、それでいいかなぁ、と……」

霧島「ふふっ……おもしろい子ね」

雪風「あ、ありがとうございます」

霧島「でも、今回はその優しさが仇になったわね」

雪風「えっ……?」

霧島「覚悟しておいてね。でも、何かあったら私を頼りなさい」

雪風「で、でも今回はただの……」

霧島「そうよ。今回はただの輸送任務。だから無事に生還できる確率は非常に高い、そう思っているのでしょう?」

雪風「は、はいその通りです」

霧島「そう。あなたが思っているとおりよ。任務は簡単。だけどね」

霧島「メンバーが最悪なの」



――――――――――第二艦隊・待機室前



霧島「さぁ、入るわよ」ガチャ

雪風「お、おじゃましま……」

雪風(…………!?)

雪風「ゲホッ! ゲホッ!」

雪風(煙たい……タバコの臭い?)

霧島「あー、ほら、雪風ちゃんがむせちゃったじゃない。窓は開けなさいって何回もいってるのに」

?「姉御、誰だそいつ?」

?「……」

?「ずいぶんちっこいの連れてきたな。響とどっちがちっちぇんだろ」

?「あれぇ? もう出撃ぃ?」

霧島「そうよ、出撃よ。ったく……ドアとカーテン開けるわよ」シャァ ガララ

摩耶「うおっ、まぶし!」

不知火「……」

天龍「っと……そろそろ出撃か」

隼鷹「いやいや、待ちなさいなお立ち会い。新しい子が来たんだ、ここらで一つ、パァ~と歓迎会でも開いて飲み明かそうぜ」

霧島「バカいわないでよ……ただでさえあんたはいつでもへべれけに酔っ払ってんだから」

隼鷹「なーにいってんの! 酔ってないよ!」

霧島「酔ってる人はみんなそういうの」

霧島「おっと、出撃するその前に。みんな、雪風ちゃんに挨拶してね」

摩耶「よ! アタシ、摩耶ってんだ、よろしくな」

不知火「……不知火です。よろしく」

天龍「オレの名は天龍。フフフ、怖いか?」

隼鷹「商船改装空母、隼鷹でーすっ!ひゃっはぁー!」

霧島「それじゃあ、雪風ちゃんもみんなに挨拶して」

雪風「か、陽炎型、く、駆逐艦8番艦、雪風です! どどどうぞ、よろしくお願い致しますっ!」

霧島「はい、それじゃあ挨拶も済んだところで、さっそく出撃しますか」

雪風「き、霧島さん! 霧島さん! ちょっとお聞きしたいことが……」ボソボソ

霧島「ん? どうしたの?」

雪風「なんで摩耶さんと天龍さんはタバコを吸ってるのですか!?」ボソボソ

霧島「ああ、あれ? あれはね、似非タバコよ」

霧島「『スタンド・バイ・ミー』っていう映画を知ってる? その映画では子どもがタバコを吸うシーンがあるんだけど」

霧島「そのタバコはキャベツを乾燥したものを使って作った無害なタバコなのよ」

霧島「だから、彼女たちはカッコつけるためだけにアレを吸っているというか……」

雪風「いえ、そうではなくて! 弾薬などに着火したらいけないから火の取り扱いには充分に注意しろと提督がいってたではないですか」ボソボソ

霧島「まぁ、そうだったわね」

雪風「い、いいんですか? 陸奥さんがこの光景を見たらひっくり返ってわめきだしますよ」ボソボソ

霧島「そういってもね……彼女たちは絶対にやめないのよ」

雪風「そ、それに! 出撃前の飲酒は控えろとアレほどいわれてたのに!」ボソボソ

雪風「お酒好きの千歳さんでさえ、出撃前の飲酒は控えるというのに……い、いいんですか? こんなことをしても?」ボソボソ

霧島「隼鷹だって何度も飲酒がバレて司令に怒られてるんだけどね……やめようともしないのよ」

雪風「ど、どうしてですか? 何か理由でも……」

霧島「わからないわ。たぶん、やりたいからやってる、それだけだと思う」

雪風「やりたいからやってる……」

霧島「そのうちに司令もとうとう匙を投げちゃってね。ここは鎮守府で唯一の無法地帯になったのよ」

雪風「………………すごい、ですね」

霧島「ようやく状況を飲み込めたかしら? それでは、改めて」

霧島「ようこそ、我らの第二艦隊へ」



――――――――――任務遂行中



雪風「はぁ……」

隼鷹「な~にシケたつらぁしてるんだい?」

雪風「ひいぃ!」

隼鷹「おいおいおーい! ちょいと待ちいね、そこまでビビらんでもいいじゃない」

雪風「でも……」

隼鷹「わぁーてる。わぁーてますよ。どーせ任務中にお酒を飲む悪いお姉さんだって思ってるんだろぉ?」

雪風「い、いいえ。そういうわけでは……」

隼鷹「だからほらぁ、飲みなよ」

雪風「へっ?」

隼鷹「コレ。飲みなよ~」

雪風「あの、その、未成年ですので」

隼鷹「でぇじょうぶだって! バレない、バレないって」

雪風「いえ、バレるバレないの問題では無くてですね」

隼鷹「なにをぅ! 私の酒が飲めねぇってのかい!」

雪風「ひぃいいい!」

霧島「コラ! なに雪風ちゃんをイジメてんのよ」ポカッ

隼鷹「ったぁ! くぅ~、何も叩かなくたっていいじゃないさ!」

霧島「未成年に飲酒を勧めるアンタが悪い。説教よ」

隼鷹「えぇえぇぇ! よしとくれよ。姉御の説教は長いんだからさ」

霧島「四の五の言わずについてきなさい」ズルズル

隼鷹「姉御ぉ~、じゃあいっしょに飲もうよぉ! ひとり酒はあんまし好きじゃないんだよ!」

霧島「任務が終わったらいっしょに飲んであげるわ」ズルズル





雪風「……隼鷹さんが、霧島さんに引きずられて行っちゃいました」

天龍「よぅ!」

雪風「ひぃ!」

天龍「ビビってんな……へへっ、怖いか?」

雪風「怖いです!」

天龍「そうかそうか、怖いか! やっぱり怖いだろ~う?」

雪風「はいぃ……!」

天龍「それじゃあこの剣だ。これも怖いだろう!」

雪風「は……いぃ……怖い、です」

天龍「フフッ、やっぱり怖いだろう。……さて、この刀で雪風ちゃんを切っちゃおうかな?」

雪風「……!?」

天龍「切られるのは怖いか? ん? 怖いかなぁ?」

雪風「……ひっく」

天龍「……ん?」

雪風「ふぇぇぇ……」

天龍「ちょ、ちょっとまt」

雪風「うえぇぇぇぇぇぇん!!」

天龍「お、おい! 待ってくれ! 泣かせるつもりはなかったんだ!」

雪風「うぇぇぇぇぇぇん! うえええええええええぇん!」

天龍「悪かった、悪かったって! いや、ただあまりにも怖がってくれるもんだからつい調子に乗っちゃっt」

不知火「雪風に何をしたんですか?」グイッ

天龍「へっ?」

不知火「雪風に何をしたんですか?」

天龍「ま、待てよ。俺の胸ぐら掴んでるその手を離せ。いてぇよ」

不知火「雪風に何をしたんですか?」

天龍「そこまで雪風をかばう理由はないだろ。だから手を離せって」

不知火「雪風は私の妹です」

天龍「へっ……?」

不知火「雪風に何をしたんですか?」

天龍「……嘘、だろ? だって、姉妹って……似てないにもほどがあんだろ!」

不知火「雪風に何をしたんですか?」

天龍「い、いやな。そのな。ほら、ちょっと怖がらせてただけなんだよ! 誰も俺のこと怖がってくれなくてさ、それで、ようやく怖がってくれるやつがあらわれたもんだから、ついつい調子に乗って」

不知火「雪風を泣かせたんですね?」

天龍「……まぁ、そういうことかな?」

不知火「ついてきてください」グイッ

天龍「うおっ!?」

不知火「本当の『恐怖』というものを味あわせてやります」ズルズル

天龍「待て、待ってくれ! 冗談だったんだって! だから泣かせるつもりはなかったんだ! ……待て、どこに連れて行く気だ。……よせ。止めろ、冗談じゃねぇぞ! 待ってくれ、頼むやめてくれぇえええええ!!!」





雪風「ううっ……ひっく、ひっく」

摩耶「よう、新人」

雪風「!!?」ビクッ

摩耶「目上の者が挨拶したら、どうするんだ?」

雪風「ひっく。……ど、どうも」

摩耶「よし、それでいい。隣、座るぞ」

雪風「は、はい……」

摩耶「よっこらせっと。……くぅー、いい天気だ」

雪風「………………」

摩耶「……」

雪風「………………」

摩耶「……」スパー

雪風「………………」

摩耶「……」

雪風「………………ひっく」

摩耶「おい、いつまでもメソメソしてんじゃねぇよ」

雪風「……でも」

摩耶「泣くなや、こっちまで気分が悪くなる」

雪風「……」

摩耶「……吸うか?」

雪風「……えっ?」

摩耶「タバコ」

雪風「……いえ、結構です」

摩耶「そうか……」

雪風「……」

摩耶「……」

雪風「……」

摩耶「……おい、こっち向け」

雪風「……? はいなんでブハッ!」

摩耶「ほうは? ほほひろいか?」(どうだ? おもしろいか?)

雪風「なに、やって、プフゥ!!」

摩耶「ふぇんはよはよ、ふぇんはよ」(変顔だよ、変顔)

雪風「うはははは……お腹が……痛い……ぷふふふっ」

摩耶「……そんなにおもしろいか?」

雪風「はい、おもしろかったです!」

摩耶「目上の者を笑うのが、そんなにおもしろいか?」

雪風「へっ? いえそうではなくて」

摩耶「そんなにおもしろかったか?」

雪風「いえ、ですから……」

摩耶「あたしを笑うのが、そんなにもおもしろいか」

雪風「……あの……その……」

摩耶「……」

雪風「……」

摩耶「なんてな。ジョークだよ、ジョーク」

雪風「えっ……」

摩耶「怒ってるフリだよ、それぐらい気づけよな」

雪風(……わかるわけないじゃないですか!!)

摩耶「そうだ、泣き止んだついでに一ついいことを教えてやる」

雪風「……?」

摩耶「耳かせ、耳」

摩耶「あのな、霧島の姉御がいるだろ」ボソボソ

雪風「はい」

摩耶「あの人な、提督にホの字なんだよ」ボソボソ

雪風「……ほのじ?」

摩耶「だから姉御はな、提督に好かれようとみんなの前でいっつも猫かぶってっけど、第二艦隊の中で一番怖いのは霧島の姉御なんだぜ。知らなかったろ」ボソボソ

雪風「あの……『ほのじ』ってなんですか?」

摩耶「『ほのじ』っつーのは、だな、つまり、なんだ。霧島の姉御は提督がすkドッゴォオオオオオオオオオオオオオオオン!

雪風「うわぁ……海上に大きな水柱が立ってますよ」

摩耶「今のは……姉御の……」

霧島「そう。私の46cm砲よ」

摩耶「あ、姉御……いつからそこにいたんですかい?」

霧島「あなたと雪風ちゃんがコソコソと話しはじめたころよ」

摩耶「……違うんです、姉御。今のは出来心というか……」

霧島「さて、ここで質問です。今すぐ海の藻屑となりたいですか? それとも裏でボコボコにされたいですか?」



霧島「選べ」



摩耶「……裏に、行きます」

霧島「摩耶は素直でいい子ね」

霧島「あ、それから雪風ちゃん」

霧島「今のことは、ぜんぶ忘れてね。それじゃあね」ニッコリ

雪風「もうやだこの艦隊……」



――――――――――数時間後



提督「無事帰還を果たしたようだな、ご苦労」

霧島「ありがとうございます」

提督「ただ……二つ疑問がある」

霧島「はい、なんでしょうか?」

提督「敵との接触は、皆無だったのだな?」

霧島「はい、そのとおりです」

提督「それなのに、天龍くん。服がところどころ焼けているのはどういうわけかね?」

天龍「これは……その……」

不知火「ボイラー室」ボソッ

天龍「ひぃいいい! なんでもないんです! タバコの火が弾薬に着火してこの有り様になっただけです! それだけなんです! 信じてください!」

提督「そ、そうか……では、摩耶くん。君は顔が腫れ上がってるが、どうしたのかね?」

霧島「ホント、何があったんでしょうかね」ニッコリ

摩耶「……か、階段から転がり落ちちまって、こうなっちまったんですよ。まぁ深いことは聞かないでください」

提督「う、うむ……」

響「失礼します」ガチャ

提督「おおっ、響くん。もう大丈夫なのかね」

響「はい、おかげさまで」

提督「ちょうどいいタイミングだ。響くん、君の代理で働いていた雪風くんにお礼をいいなさい」

響「雪風……そうか、君が代わり働いてくれたのか。大変だったろう、苦労をかけたね。君に心からの感謝を。спасибо(スパシーバ)」

提督「雪風くん、どうだったかね、第二艦隊での仕事は。けっこう楽だったろう? もし雪風くんがよければ、これからは響くんや不知火くんと交代で勤務してもらいたいと思っているのだ。これで第二艦隊に務める駆逐艦の負担も減るだろうと思ってね」

提督「どうかね、雪風くん。第二艦隊で働く気はないかね?」

雪風「提督……失礼を承知でいわせていただきます」



雪風「もう二度と、第二艦隊には所属したくないです」



――――――――――数カ月後



雪風「なんでまた私が第二艦隊に配属されてるんですかぁ!!」

隼鷹「もう諦めなさいって。響は今、改造中でいないんだから」

天龍「第二艦隊で勤務したことがあるのは、不知火と響を除いてお前しかいないんだ。その穴を埋めるのに第二艦隊を経験済みの雪風が選ばれるのは必然といっても過言ではないからな」

摩耶「へへっ、これからもあたしたちと共に地獄に付き合ってもらうぜ!」



不知火「ハァ……先が思いやられます」

霧島「まぁ、雪風ちゃんにまたなにかあったら私たちの出番よ」

不知火「はい、そうですね」

霧島「それじゃあ、今日も張り切っていきましょう!」



雪風「もういやぁあああああ!!!」

~END~


byすなぎも
関連記事
web拍手 by FC2
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。