スポンサーサイト

EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

『劇場版 HUNTER×HUNTER―The LAST MISSION―』 私的感想日記(ネタバレ有り)

EDIT

 どうも初めまして。今回このブログで日記を初めて書きますculouzと言います。
早速、『劇場版 HUNTER×HUNTER―The LAST MISSION―』を見に行った感想と内容を大雑把に書きたいと思います。

 私は前作の 劇場版 HUNTER×HUNTER〔緋色の幻影(ファントム・ルージュ)〕も見に行ったのですが、今回もすごく面白かったです。
 内容は大まかに言うと「怨と影について」の話です。
「怨」とは念の反対の力で、恨み、憎しみを力に変えてとてつもない力をえるというのが怨です。
しかもこの怨は’制約と誓約’を結ぶと怨の力をよりうまく使いこなすことができるのです。

そしてもう一つの大事なハンター協会の裏の組織、「影」

この影の組織たちの使う能力が、この怨です。
怨の力で影のボスがネテロを倒し、その他の影のボスの部下たちとゴン達が戦う。

そこでクラピカが途中影のやつらの血入り注射カプセルをさされ、クラピカは負傷してしまう。
しかも制約と誓約をむすばなければ助からないという事態に。

ここでクラピカに怨の誓約と誓約を結んでほしくないと思うゴンが、影のボスに立ち向かっていく。

あと忘れちゃいけないのが、今回の舞台は天空闘技場になっている。
あと時系列としてはG,I編がおわり、キメラアント編が始まる前のところ。


とても大雑把で書いていますがそこはご了承下さい。

ここで私はすごく嬉しかったのは、
レオリオが念能力が使えていた事。
舞台が天空闘技場になっていたこと。
もう一つはビスケ、ズシ、ウイングまでもがでていたことがすごく嬉しかったです。アニメではもう出てこないんじゃないかと思われるキャラクター達が出てきて、内心興奮しました。


これは文字だけではすべてを説明ができないぐらいなものが含まれていると思います。
それに映画館ならでしか味わえない迫力があるので、是非気になったのなら映画館へ足を運んでみては?


以上、大雑把に説明と感想を書いてみました。
長文失礼しました。


by culouz
関連記事
web拍手 by FC2
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。