スポンサーサイト

EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

蟲師 続章 第5話「鏡が淵」 感想 ~服の色から見る心情の変化~

EDIT

今回の蟲師は「水鏡」という蟲と跳ねっ返りのおてんば娘・真澄のお話。
服の色合いの変化からキャラクターの内面を読み取ることができたので
それをお伝えしていこうと思う。
蟲師
今回のメインヒロインにしてビッチ。『蟲師』にしては喜怒哀楽の激しい女の子。
web拍手 by FC2

シドニアの騎士 第1話「初陣」 感想

EDIT

ロボットアニメファンの皆様方!
シドニアの騎士、オススメです!!

シドニアの騎士
ダイミダラーとは真逆のベクトルを行く作品。シリアスなロボットアニメが好きという方には必見の価値あり。

web拍手 by FC2

蟲師 続章 第1話「野末の宴(のずえのうたげ)」 感想

EDIT

安定の睡眠導入剤アニメ(?)。
寝る前に見るのにちょうどいい作品。
落ち着いてまったりとした雰囲気が癖になる。
蟲師
音響、背景、BGM、何もかもがいい。作品のテンポはゆっくりとしていて、見ている間に寝てしまっていることがよくある。

また『続章』となっているが、第一期を視聴しなくとも内容は理解できる作りになっている。
オムニバス(一つの作品にいろいろな物語が入っていること)なお話なので、
第一期を知らずとも楽しめる。ぜひ視聴してもらいたい。

さて今回のお話は、光酒(こうき)にまつわるお話である。
まずは第一期を知らない人のために、光酒について説明していこう。
web拍手 by FC2

ピンポン THE ANIMATION 第一話 「風の音がジャマをしている」

EDIT

ピンポン THE ANIMATION』。
監督は「四畳半神話大系」や「マインド・ゲーム」でお馴染み
湯浅政明監督。

正直にいう。俺はこの作品を侮っていた。
さすがの湯浅政明監督といえど、
「これおもしろいのかな?」という疑念が拭えなかった。

そして、その疑念はものの見事に
ふっとばされることとなった。


なぜ、どうして、どのようにその疑念はふっとばされたのか?
それは本編を見てもらうしかないのだが、
手短にわかってもらうには完成版のOPを視聴してもらうのがいいだろう。

この完成版のOPで、『ピンポン THE ANIMATION』を
見るか見ざるかを決めてほしい。
ここに『ピンポン THE ANIMATION』のおもしろさが凝縮されている。

もう凄いとしかいいようがない。この凄さを言葉では表現できないけど、言葉で表現できる程度の凄さなら映像なんていらない。
そう思った今日このごろ。エラソーにしてなんだかすいません。とにかく俺がいいたいことは湯浅監督マジ最高ということだけだ。


こういう雰囲気のアニメが苦手だという人もいるだろう。それは仕方ない。
だがこのようなアニメの雰囲気が好きだという人。

断言しよう。
そんなあなたに『ピンポン THE ANIMATION』は期待以上ものを見せつけてくると。


さて、それでは本編について少しだけ話していこう。
物語は、いつも表情を崩さない鉄面皮のスマイルと、
実力はあるがゆえにお調子者のペコを主人公に展開していく。
ピンポン
ピンポン
web拍手 by FC2

アニメ マンガ家さんとアシスタントさんと 第2話 感想

EDIT

童貞よ、大志を抱け。
マンガ家さんとアシスタントさんと
男泣きする愛徒勇気先生。こちらも夜な夜な息子がカウパー腺液という童貞を煮染めて出てくる涙を垂らすので大変です(?)。
web拍手 by FC2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。